上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
 シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、その街の人々から手厚いもてなしを受ける。
 ただでさえアメストリスの人々を見捨て自国へ戻る事に躊躇していた彼女の心は揺れるに揺れて…。
 一方、アルと再会するため、セントラルのロイの隠れ家を訪れたエドとダリウスたちは、そこで一時的に身体の主導権を取り戻したリンと再会する。
 リンはエドに、『来たるべきその日』にお父様が真理の扉を開けようとしていることを伝える。





―DVD―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8

―Blu-ray―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8

―COMICS―
鋼の錬金術師(2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
(11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20)
(21) (22) (23) (24)


―OP曲―
again(初回生産限定盤)(DVD付)
ホログラム(初回生産限定盤)(DVD付)
ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤)
Period

―ED曲―
嘘(初回生産限定盤A)(DVD付)
LET IT OUT(初回生産限定盤)(DVD付)
つないだ手(期間生産限定盤)
瞬間センチメンタル(ハガレン盤)


A8.net楽天ブックス中古コミック
キャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム


ブラッドレイを襲撃したグリード。
仲間の敵打ちと言うよりも、混乱したための八つ当たりみたいだな。
にしてもこの二人の戦い、前回と反対の立場だな。

どっちが優勢ともつかない戦い。
プライドが手を出そうとしていたが、出せなかったな結局。
前と同じ結末にはならず、グリード逃走か。
続けていても終わりそうにないしな。
ラースの剣がもう少しあったら、前の様に捕まったかね。

東の果てに着いたメイ。
来た時と同じように帰る気だったのだかね。
砂漠越え以外にルートは無いのかね。
ユースウェルで随分と歓待されているメイ。
アメストリスに来た時の事は無いことになっているのか。

随分と親身にしてくれる人たちにくわえ、エンヴィーの追い打ち。
見捨てようとしたことに罪悪感を受けていたのもあったしな。
でセントラルに戻ることになったか。
エンヴィーの思惑どおりか。
しかし賢者の石があれば元に戻れるとは言うが、小さいのでもいいのかね。

アルを探してセントラルへ戻ってきたエド達。
勘を頼りに来たのだろうが、当たらなかったな。
エルリック兄弟そういう気は合わないよな。
その代わりに来た人物。
グリードから主導権を取り返したリン。
リンはいつも腹をすかせてばっかだな。
非常食がぱあになったか、さすがにセントラルでは補給できそうにないような・・・。

リンとしてはかなり久しぶりだな。
グリードは未だ混乱中なのかね。
エドの連れ合いらに軽く自己紹介、ホムンクルスと名乗ったか。
まあ間違ってないしな。
かなり簡単だったから信じられているかどうか怪しそうだがな。

でリンが表に出てきてエドに伝えたかったこと。
来るべき日についてか。
その日に扉が開くのでエド達がそこへ入ればもとに戻れるかもしれない。
ランファンに伝言したお礼みたいなものかな。
しかし実態を知っているエドにしてみれば受け入れにくいよな。
扉を開く代償がこの国の人たちだしな。
ホムンクルス達の扉を開く目的までは見えないよな、まだ。

さすがに長くは主導権を奪えずグリードが戻ってきたか。
今の状態では戦う気は無く、去ろうとしているな。
まあホムンクルス組と縁を切ってしまったせいもあるだろうがな。
そんなグリードに対してエドが仲間になれと勧誘。
相手にされなかったがな。

でもグリードとしては揺れていたよな。
結構、この人って仲間みたいな集まりが好きなのかな。
リンと交代する誘いもあったが、リンの様に目指すは一国の主ではなく世界の王。
ここでの世界はどれだけの広さなのかね。
今のところ出てきた国はせいぜい4カ国ぐらいだからな。

去ったリンを追いかけたエドは手下になることを受け入れて仲間になる気だな。
まあホムンクルスの情報源、逃がすわけにもいかないしな。
しかし、後悔することに一家言持ちってあまりいい意味でないような・・・。
ダリウスたちはかなり驚いてエドをボゴボコにしていたな。
ちびとか豆とか言われていたが、エドが反応してないな。
悪いと思っているせいなのかね。

日蔭者になったエドたち。
国の上層部が黒と言う時点で火がゲものになってしまうのは必然性っぽいよな。
国としてはあちらが正しいことになるからな。
ウィンリィ達と合流するのがいつになるかはわからない。

セントラルではオリヴィエが実家に戻っているな。
父親に対して隠居しろとの言葉。
ここの家はすっぱりしているな。
アレックスがちょうど帰ってきて決闘に。
それで当主決めか、分かりやすいというか、それでいいのかというか。
勝負は見届けずに去っていく両親、末娘は連れて行くのだな。
勝負は見事に姉優勢のようだな。
家は壊れまくっているのに本人たちにほとんど傷ないな。
どんだけ丈夫なのやら。
結果は見事オリヴィエの勝利か。
アレックスが言うように、上層部と結び付いたことでいろいろと布石を打つための行動だろうな。

ダリウスの先生の家には軍人さんが入り浸りか。
客としてではないようだがな。
あれ以来ほとんど帰ってなさそうだよな。
留守番の人からでも伝言は伝わっているようだがな。

伝言を受けたイズミ、ブリッグズを襲撃。
文字通り襲撃しているな、あれで主婦は無い。
ブリッグズ砦にとっては20年前の再来だな。
今回は防げたことになるのか、そうでないのか。
一応は捕まってくれたが、イズミの思惑通りだしな。

でイズミからマイルズらに伝言。
マイルズ達からファルマンを通じてグラマンへ。
グラマンからレベッカを通じてリザへ。
リザからハボックを通じてロイへ。
いろんな人を通じで伝言ゲームやっているよな。
内容はずれることないみたいだけど。

今回のはここで一区切りみたいだな。
次は少し時間がたってそうだ。
そういえば北と東だけが中央に喧嘩売るのだな。
西と南は置き去りなのだな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1166-322a25f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。