上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァスペリア、3回目。
戦闘はなるべくなれるために逃げずにやっているが、基本適当に操作しているのでうまくなることはないだろうな。
レベルは上がっているが、結構死に易いし。
今回はハルルでの話まで。




Tales of Vesperia −Original Soundtrack−

013.花の街の顛末
 昨日昼すぎ、ハルルの町が魔物に襲撃される事件があった。
 巡礼中の騎士によって魔物は倒されたが、怪我人が多数出た模様。
 今日になって、街を訪れた治癒術士であるエステリーゼ嬢が怪我人を治療したが、停止した結界魔導器の方は修復されないまま。
 樹の様子を見に行ったユーリ氏に、何か良い打開策があるのかと街は期待を抱いているが、果たして。


ハルルの街に到着したが、街は結界がなく人々はつかれているようだな。
魔物の襲撃があったらしく、怪我人も出ているようだが死人はいなかったのかな。
怪我人はエステルが治癒にあったっている。
その間ユーリは情報収集、フレンのことも聞けたがまたもここにはいないようだ。

樹の根元へ行くが花は枯れているようで、しだれている。
一応怪我人の治療は終わったエステル。
これからフレンが来るまで治療しつつ待つつもりだったようだがユーリから治すなら樹の方と誘い。
その方法としてはカロルが知っているか、そんなこと森でこぼしていたものな。


014.樹よ、再び美しく
 パナシーアボトルがあれば、樹の枯れる原因を作ってる土を浄化できる…
 これはカロル少年の見解で、彼はユーリ氏とともに、その材料となるエッグベアの爪とニアの実を採りに、クオイの森に向かったという。
 尚、残りの材料であるルルリエの花びらは長が持っているとのこと。


仲間に置いていて行かれたらしいカロル。
かなり落ち込んでいるな。
ユーリからハルルの樹の治し方を聞かれて素で答えていた。
パナシーアボトルがあれば治るらしい、ってあれは人用ではなかったのか?
まあ万能薬みたいなものだったから効くかもしれないな。
今回結構あれ高価なのだな、ともかくその材料が森にあったわけか。

なのでカロルも連れて森へ、その材料を探しに行くことに。
カロルの仲間の件は保留のままだな。


015.樹を元通りに
 今日の昼ごろ、ユーリ氏とその一行はクオイの森でエッグベアに遭遇、退治した。
 これはカロル少年がニアの木の液を体に塗ってエッグベアをおびき寄せたのが功を奏したものである。
 この後、街へエッグベアの爪とニアの実を持ち帰った一行は、ルルリエの花びらを合わせパナシーアボトルを合成した。
 この報を聞き、住民は花の復活を大いに期待している。


森に来てエッグベアとニアの実を探す。
ニアの実はすぐに見つかったが、エッグベアは出てこないな。
なのでカロルが身体を張ってエッグベアのおびき寄せ。
かなりの匂いらしくてラピードが倒れていたな。
あの後大丈夫だったのかね。

エッグベアはあまり強くなかったな。
てっきりボス級かと思っていた。
爪はカロルに取らせて後は放置か、もう少し素材取れそうな感じだったがな。
街へ戻って長から花びらをもらい道具屋で合成してもらう。


016.奇跡を起こす少女
 昨夜、枯れていたハルルの樹が元に戻った。
 ユーリ氏一行の合成したパナシーアボトルには効果がなく、一時諦めムードも漂うが、エステリーゼ嬢が奇跡を起こした。
 彼女が使った力が、樹を復活させたが、それがどういうものなのか、今のところ不明。
 彼女はその後、謎の集団の追跡から逃れるため、街の外へ向かった。
 ハルルの長は、奇跡の娘として後世まで伝えたいと語った。


パナシーアボトルをもってハルルの樹の所へ。
カロルがそれを試してみるが、一応反応はあるものの結界は戻らないか。
土の方は浄化されたっぽいのにな。
それを見ていたエステルが祈り出し、光り出した。
それに連動して樹が咲き始めた。
ここのアニメーションはやはり綺麗でいいよな。
桜の咲いているような感じだで、見事に満開だ。
ハルルの樹が戻ったら結界も戻った、これで魔物も大丈夫か。


017.アスピオへ
 長の話によると、ハルルの樹に奇跡を起こしたエステリーゼ嬢が探すフレン小隊長は、東に向かったとのこと。
 ユーリ氏の目指すアスピオもハルルの東であることから、ユーリ氏とエステリーゼ嬢は引き続き、行動を共にしているらしい。
 仲間と合流するため港へ行きたいカロル少年も同行している模様。


ハルルは咲いたが、浮かれていると変なものを呼んだようだな。
暗殺者集団の輩がいる。
なのでろくに休みをせず、またフレンを追いかけて移動か。
花のお礼を長に言われるも結局受け取らなかったな。
カロルは受け取りたがっていたけど。
でお礼は花見のおもてなし。
この花は年中咲いているものなのかね。

アスピオとハルルは交流がないのか。
なのでよく知らなず、方角のみなのな。
アスピオに行くのになぜかカロルも一緒。
行先は反対側なのにな。
一人では寂しいのか、心細いのか。
フレンとユーリやエステルの関係をかなり勘違いしているカロル。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1105-2cb67a3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。