上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
 ホムンクルスのアジトに捕らわれの身のマルコー。
 彼はホムンクルス達の目的が、アメストリス国民全てを巻き込んだ「国土錬成陣」の構築にあると考える。
 一方、暴走したグラトニーを止めようとするエド、アル、リンだったが、見境無くすべてを“飲み込む”グラトニーに成す術がない。
 そのうえ戦いの最中、リンは異様な気配に気づくのだった。




―DVD―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版)
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8

―Blu-ray―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版)
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8

―COMICS―
鋼の錬金術師 (2)  鋼の錬金術師 (3)
鋼の錬金術師 (4)   鋼の錬金術師 (5)
鋼の錬金術師 (6)   鋼の錬金術師(7)
鋼の錬金術師 (8)   鋼の錬金術師 (9)
鋼の錬金術師 10   鋼の錬金術師 11
鋼の錬金術師 12   鋼の錬金術師 13
鋼の錬金術師 14   鋼の錬金術師 15
鋼の錬金術師 16    鋼の錬金術師 17
鋼の錬金術師 18   鋼の錬金術師 19
鋼の錬金術師 20   鋼の錬金術師 21
鋼の錬金術師 22   鋼の錬金術師 23

―OP曲―
again(初回生産限定盤)(DVD付)
ホログラム(初回生産限定盤)(DVD付)

―ED曲―
嘘(初回生産限定盤A)(DVD付)
LET IT OUT(初回生産限定盤)(DVD付)

A8.net楽天ブックス中古コミック
キャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム


マルコーが出てくるのは久しぶりだな。
ほとんど出番なかったから、忘れている感じがしなくもない。
人柱になりえるマルコーは情報を持ちすぎたせいもあって監禁か。
事実、エンヴィーが言うには真相に近付いているっぽいしな。
賢者の石を作るにしては壮大じゃないのかな?
数人使うだけでもできたはずだし。

マルコーが逃げ出さないのは人質がいるからか。
世界をとるか村をとるか。
大は小を兼ねるというか、結局は同じことになりそうな状態だけどな。
でも今すぐ壊されるというのを見たくないという感じで情が優先だな。
エンヴィーは結構ホムンクルスと人が違うと強調するな。

ラースとプライド。
プライドはエフェクトかけたか、正体ばれないようにだな。
プライドはラースとお父様をつなげている人かね。
楽しそうなラースは60年の間でも珍しいようで。
ラースは結構人の未来とかを気にするのだな。
若者の時代の到来、ホムンクルスはどうやっても古いものだろうしな。
ホムンクルスが考えもしないことを考えるのはグラトニーとラースぐらいかね。

エド達の方ではグラトニーが暴れている。
怪物度がひどくなって周囲を飲み込んだようだな。
狙いは大佐だが、周りにまで被害がいくようだし。
大佐の炎も飲み込んでしまったか。
ラストと同じようにはいかないな。
これで大佐は役立たずに転落。
大佐の活躍シーンは本当に少ないよな。

おとりを使い、グラトニーの気をそらせているうちにランファンたちを脱出させる。
大佐もついでに、怪我人だし役立たなかったしな。
周りにさんざん言われてしまったな。
後エド達から言われ、軍内部の方を任された。

子供が残り大人が去る。
ノックスにとっては耐え難いことだな。
言いだしっぺという責任もあるだろうがな。
なので保険として中尉がエドに銃を渡した。
アルにとっては人を殺す道具、中尉にとっては人を守る道具。
道具の使い方は人それぞれだな。

子供なのに無茶をする輩は早死にするとノックスが嘆いていたな。
悪運は強そうだから、相殺できないかね。

残ったエド達。
カッコつけたはいいが、暴れているグラトニーはおっかなくて手が出しにくい。
グラトニーのキャラもほぼ変わっているようだしな。
そこに出てきた喋る犬。

エンヴィーは何でも化けれるのだな。
あれって見たことあるのができるのかな。
マスタング達を見ていたようだったが、手は出さなかったな。

エドはいきなりエンヴィーに殴りかかった。
ちびと呼ばれているのもあるが、前にそう呼んでいた事も入っているのか。
ピンポイントで記憶しているのな、すごいのかそうでないのか。
ちびと言われたことだけは絶対忘れなそうではあるけどな。

エンヴィーとしてはエド達を助ける気のようだな。
リンは別として。
グラトニーにそっちは許可していたし。
なので壁を形成して分断。
リンにエンヴィー、エド達はグラトニー。

セリムの作文か。
子供らしい普通の文章だよな。
ホムンクルスとは思えない普通の家庭。
作られ過ぎってのもあるかもしれないがな。

壁で分かたれたリンとエド達。
グラトニーの方は追いかけごっこ状態だが、エンヴィーの方は普通に切り結んでいるな。
リン優位に進んでいるようで、エンヴィーの変身能力は侮れない。
リンの方は昔の経験が元で色々と対応はできているようだがな。
それでも情には弱いか。
ほぼエンヴィーの常套手段だよな、これは。

エド達の方はグラトニーを落とし穴に落としてみるが、すぐ復活した。
また捕まえるのは難しそうだ。
そうこうしている間に、グラトニーに投げ飛ばされリン達の方へ行ってしまった。
グラトニーがリンを捕えた瞬間、すべてを飲み込む態勢に入ってしまった。
リンをかばおうとしてエドが介入、そのエドを助けようとしてエンヴィーが介入。
そのまま飲み込まれた。
残っていたのはエンヴィーの下半身と、うでを失ったアル。

一方大佐の方は、じっとしていられず総統府へ。
怪我人だが、大人としての示しを付けるためか。
しかしいきなり本丸とは大胆というか、無謀というか。
一応、前の上司からの伝手があったとはいえな。
そういえば、中尉は大佐の言うことはほとんど聞かないよな。
まあ結局中尉の方が正しいのだろうけど。

中尉を総統府の前に待たせたまま、中央に近いレイブンと会う。
大佐の元上司、グラマン中将。
チェスの師でもあるが、戦術はそこまで学べてないよな。
レイブンにタヌキと言われるまでの人のようだがな。
冗談のセンスもあまりないかな、普通の動物には優しいスカーだろうし。

レイブンのカマを掛けてみて、出てきたのは最悪な結果。
上層部すべてが黒。
ヒューズからの忠告は軍そのものを示していたか。
本当にそこまでわかっていたかはわからないがな。
外で連絡を取ろうとしていた事がその一因だったかもしれないな。
大総統の尻尾を握ったと思ったのが、反対に握られた大佐。

エド達も変な場所にいるか。
大佐じゃないが地獄の底みたいなものだろうな。

次回はグラトニーの中だな。
脱出するまで行くかな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1100-91015a1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。