上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
 アリシアは階級が大尉になり、正式に正規軍所属の身となった。
 第7小隊から離され、次々と戦いに駆り出される。
 一方の第7小隊の面々は、これまでアリシアと過ごしてきた日々を思い返し、最後に傷つけてしまったことを悔いていた。
 そこに次の任務が下され、その内容に隊を衝撃が走る。
 アリシアを引きとめようとするウェルキン。
 そんな中、ガリアと帝国の戦いはいよいよ佳境に入っていた。
 正規軍主導の下、帝国軍最後の拠点ギルランダイオ要塞で掃討戦を挑むことになる。
 その最前線に立つのは、やはりアリシアだった!




―DVD―
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 3 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 4 [DVD]


―OP曲―
明日へのキズナ
カナシミレンサ

―ED曲―
アノ風ニノッテ(初回生産限定盤)
ひとつの願い

「戦場のヴァルキュリア」オリジナル・サウンドトラック
戦場のヴァルキュリア オリジナルサウンドトラック

A8.net楽天ブックス中古コミックキャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム


終わりが見えるようで見えないな。
とりあえず、帝国との戦いに勝てば終わるのだよなこの戦い。
にしてもどこまで行けば終わるのかな。
マクシミリアンが死ねば終わりか、やはり?
でも、帝国がどう考えているのか分からなくなっているしな。
マクシミリアンと帝国の間でかなりの剥離が見られるし。
どうなるのやら。

アリシアのおかげで連戦連勝のガリア軍。
一人の力に左右されてしまう戦いって軍人にとっては屈辱的なことでないのかね。
誰もそんなことは考えてないようだけどな。
楽に勝ててうれしそうだったし。
どれだけ殺そうとそれはアリシアの責任になるか。
でも勝ったことの報奨はその指揮官に行くと思っていたな。
どう見ても作戦も指揮もいらない行くわけないと思うけどな。

第7小隊ではさすがにアリシアに向けた言葉を悔いている。
かなり今さらな気がしなくもないがな。
ロージィーに言われて、謝りに行くことに。
が会わせてもらえるはずもなく、そこで聞いたのはアリシアを嘲る言葉。
その言にキレた第7小隊の面々は正規軍相手に喧嘩を始める。

その頃、ウェルキンはファルディオの部屋へ。
ファルディオが調べていたヴァルキュリア人について確かめるためかね。
ファルディオを理解するためもあるかな、前回言われた行動が納得できないだろうし。
探査を進めていると、外から喧嘩の噂。

まさかと思い、その現場で行くと案の定。
正規軍相手に暴れている第7小隊。
下っ端どもには勝てているが、隊長クラスは数に任せて負けている。
ウェルキンが止めに入るが、またもアリシアのことを言われ今度はウェルキンがキレた。
学習しない隊長だよな。

しかし正規軍と義勇軍の関係って全く改善しないよな。
普通戦っている間ってのはそれなりに連帯感とか生まれそうなものなのにな。
正規軍は役立たずで義勇軍は有能ってのがある所為か?
まあ正規軍と義勇軍の差もあまり分からないけどな。
装備系は一緒のようだし。

ファルディオはいまだ拘束中か。
でもコーデリアの命で解かれることになったようだな。
でもってコーデリアがファルディオに行ったことはなんだろうな。
ランドグリース家の秘密のようだが。
ヴァルキュリア人についてのことだろうがな。
あの研究所に関してか、他に何があるかね。

でそこに運ばれてきたウェルキン。
コーデリアがいることにびっくりする正規軍。
褒章を受けたってことはすごいことなのか?
まあコーデリアの後ろ盾があるという証明にはなりえるのか。

夢を見ていたウェルキン。
もう夢の中でしかあり得ない世界だな。
覚めたくない夢だろうが、覚めるもの。
目覚めると自分の隊の所。
誰かが運んで来たらしいが、ファルディオではないのか。

ウェルキンが暴れたことにびっくりしたらしいラルゴ。
ここのところ鬱憤が溜まっている状態もあっただろうからな。
ある意味ラルゴからみても理解できるようになった状態じゃないのかね。

アリシアの方も鬱屈しているな。
というか諦め状態?
コーデリアと会ってもそこまで態度は変わらないが。
コーデリアから何かやってほしいことはと言われて願ったのはファルディオと第7小隊の戦力外通告。
自覚しているように、身勝手きまわりないが、アリシアにとって生きてほしいという願いか。

帝国側は、未だ降伏のこの字もない。
最終兵器があるようでいまだ強気だし。
しかし帝国本土からマクシミリアンはいつの間にか切られたようだな。
自分の欲望だけで戦っているようだが、何を見ているのかなこの人は。
一人であることを自覚しているが、セルベリアのことは認めているのだよな。
でないとセルベリアが悲惨というか、なんというか。
紫のバラと青いバラの意味はいかに。

最終決戦間近。
正規軍内の会議、アリシア便りは変わらず。
アリシアの演説はあまりにも意味もないような・・・。
コーデリアからは正式に名代として盾と矛を受け取り正規軍主導で最終決戦へ。
ウェルキン達はアリシアの望み通り戦場へと行かずコーデリアの帰還護衛。
いささか苦しいような命だな、実際そういう役の者がいるようだし。
すぐにばれたしな。
しかし、周りからみてどう思われたかな、あれは。

ウェルキンはそれを聞き、覆らないと分かるとアリシアを探しに行く。
アリシアは移動中だが、一瞬は会えたかね。
どうにもならなかったけど。
さてウェルキン達は大人しく命に従うのかね。

最終決戦対峙するアリシアとセルベリア。
この二人が勝敗を決めるのか?
それとも別の者が決めるか。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1096-8b4f89ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。