上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
 第7小隊の活躍により、劣勢になりつつある帝国軍。
 マクシミリアンは本国から指揮権の剥奪を言い渡され、ガリアに総力戦を挑んできた。
 決戦地ナジアル平原で、士気も高く戦地に立つ第1小隊に、対するはマクシミリアンが指揮する大型戦車ゲルビル。
 激戦の中、蒼いオーラに全身を包み、巨大な槍と盾を手にしたセルベリアが、ファルディオたちの目前に立ちはだかる。
 そして、ダモン将軍の意向により後方支援を命じられた第7小隊や、兵士を鼓舞するため戦地を訪れていたコーデリア姫の元に、衝撃が走った……。




―DVD―
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 3 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 4 [DVD]


―OP曲―
明日へのキズナ
カナシミレンサ

―ED曲―
アノ風ニノッテ(初回生産限定盤)
ひとつの願い

「戦場のヴァルキュリア」オリジナル・サウンドトラック
戦場のヴァルキュリア オリジナルサウンドトラック

A8.net楽天ブックス中古コミックキャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム


劣勢の続く帝国側。
さすがに本国が痺れを切らしマクシミリアンの指揮権剥奪が決定か。
マクシミリアンだけ見ているとそこまで危機感はなさそうだったのだがな。
やはり追い詰められていたのかね。
最終的な辞令にはまだ時間があるということで、総力戦を決意。

ガリア側の義勇軍の軍議。
ウェルキンが珍しく発言しているな。
ファルディオは別のことで考え込んでいるからか元気ないな。
こちら側での見解も相手が劣勢か。
しかしこういうのは普通正規軍が把握しているものでは?

しかし諜報系の人材はいないのかね。
敵の動向に関しては把握しているのかしてないのか。
色々変な感じだな。
まあ戦闘自体が結構正攻法でしかやってない感じだしな。
しょうがないのかな。

エーデルワイス号を整備中のザガ。
ほぼ性能は把握したのかな。
ラマールはいまだ納得がいかないようだけどな。

平原にての総力戦。
帝国側は戦車を前衛の力押しか。
ガリア側はそれを迎え撃つ感じだな。
しかし塹壕が少しあるだけってかなり不利なかんじだな。

ウェルキン達第7小隊は後方支援を命じられている。
ダモン将軍はなんでこんな時は使わないかな。
普通邪魔者って前線に送るものではないのか?
まあその代わりに第1小隊等が苦労しているよな。

総力戦と聞いてか、コーデリアが慰問を決意。
前線兵士への士気高揚に努める気のようだな。
周りは止めただろうが、止められなかったようだな。
しかし戦闘が始まってから来るのはかなり危ないよな。

前線では帝国側が、押されているな。
マクシミリアンの旗艦が下がろうとしているしな。
その代わりに、セルベリアが前線に立った。

セルベリアの持つ装備は時代物っぽいな。
ヴァルキュリア人が使えるものか。
セルベリア一人で無双状態だな。
今までの戦闘はなんだったのかなっと思うぐらいに。

セルベリアの攻撃により平原がますます平らに整備されたな。
この戦闘により、ラマールがファルディオをかばい消滅。
そのせいでファルディオは茫然自失に陥った。
周りはすべていなくなっているのも止めだっただろうな。

ダモン将軍以下がファルディオを詰問するも全くの無言。
ウェルキン達が来ても同じ。
言ったところであれは信じてもらえるものでもないだろうな。
そこで見かけたセルベリアが持っているのと似た装備。
ヴァルキュリア人の武器はほぼ一緒なのかね。

寝込んだファルディオを見舞うアリシア。
アリシアがヴァルキュリア人であると確信しているファルディオ。
なぜ撃った?
確かめるためか、ヴァルキュリア人が憎いからか?
確認のためだったのかな。
ヴァルキュリア人であったなら銃弾は跳ね返せるかもと言う感じで。

ともかくどうするのかな、この状態は。
下手をするとウェルキンを怒らすだろうし。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1088-8940439d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。