上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
 セルベリアが何の気なしに手にした、床に残されていたラグナイトの結晶。
 それはファルディオがアリシアにプレゼントしたものだった。
 アリシアの身に何かが起きたことを察したウェルキンたちに、イェーガーはこの城で起きている陰謀について教える。
 ガリア義勇軍と帝国軍、相容れない両者ではあったが大胆にもウェルキンは共闘作戦を持ちかけた。
 同じ頃、目を覚ましたアリシアは銀髪の少女がぐったりとしている様子に息を呑む。
 ヴァルキュリア人の末裔であると言われている、コーデリア姫その人だったのだ。
 果たして公主誘拐の裏に潜む陰謀とは。
 ウェルキンたちは助け出すことができるのか…。



―DVD―
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]

―OP曲―
明日へのキズナ
―ED曲―
アノ風ニノッテ(初回生産限定盤)

「戦場のヴァルキュリア」オリジナル・サウンドトラック

A8.net楽天ブックス中古コミックキャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム


公主誘拐事件。
イェーガー達にとってはわかりきっていたことらしく、一応見張りを配していたのだな。
ただ見届けるためだけだったのかね。
公主ともう一人が誘拐されてびっくりしていたようだけど。

ついでに廊下に落ちていたラグナイトの結晶を拾う。
そこにアリシアを見つけに来たファルディオ。
タイミングが悪いな。
というかいきなりそれはないと思ったのだがな。
セルベリアはすぐに分かったせいであそこまで血が上っていたのかね。
なんかファルディオらしくないというか。

ウェルキン達も来て情報を少しくれた。
イェーガーらは帰ろうとするが、ウェルキンがそれを引き留めた。
今回の誘拐阻止の誘いのために。
ガリアが連邦になるのをよく思わない帝国のためとの理由により。

一時的な協力体制の確立。
まあこれが最初で最後になるのだろうけど。
とはいっても各個別に動いているからあまりそうは思わなかったな。
やれるのはイェーガーだからこそだよな、ほかの人ではたぶん無理だろうし。

公主とアリシアを乗せた車は国境沿いへ向かう。
途中、アリシアは気がづき、公主も起こし事実認証をさせた。
公主は思った以上に揺るがないな。
アリシアが表情豊かだから一層際立つな。

あっさり自分を置いて逃げろというコーデリア。
アリシアは当たり前に認めず、友軍が来るのを待つことに。
高い信頼関係というか、なんというか。

ウェルキン達とイェーガーは二手に分かれて行動か。
このときの連絡にトランシーバーを使っているな。
帝国のものかな、よく貸してくれたものだな。
連絡をこまめに取ることで計画を密にしたのかね。

ファルディオ達はウェルキンと一緒にいたバイクを駆って先行。
いろいろとどこで用意していたのやら。
エーデルワイス号まで一緒とは思わなかったよ。

城内部の様子がおかしく、調査していたエレットはたまたま盗み聞きをしてしまう。
宰相と大使の間で決まっていた公主の亡命。
それがなれば名実ともにこの国は宰相のものか。
そうして何をするのだったのかね。
戦争をしている国のはずなのに、内部がこんなでよくもつものだな。

アリシア達のところへ追いついたファルディオ達。
車に飛び乗ろうとするファルディオ、がいささか失敗気味だな。
一人はうまく落とせたが、また復活していたし。
エーデルワイス号が前に来て進路をふさぐが失敗。
後ろにはつけたからアリシア達にこちらへ来てもらうことに。

動かないコーデリアを一喝するアリシア。
コーデリアの周りにはいないだろうな。
あの宰相が選んだ人物しかいないのならな。
自主的な行動は初めてだったのかね。
その最初があれを飛び移ることなのはすごいかな。

アリシアも飛び移るはずが、悪党の一人が復活して拘束された。
銃を突きつけられるアリシア。
ウェルキンも銃を持ち出し変な感じだな。
ここで来たら説得とかはなかったものか。
相手はかなりのパニック状態で、皇族の誘拐なんぞ重罪には違いないからしょうがないのかな。

てっきりウェルキンが注意を惹きつけてアリシアが退治するかと思ったらウェルキンがそのままやったか。
車はどうにかぎりぎりでファルディオが止めたな。

誘拐部隊のもう一つのほうはイェーガー達が処理。
こちらはほぼセルベリアの独壇場だな。
あっさり終わってそうだし。
セルベリアとコーデリア、姿はよく似てそうなのにな。

イケーがーがこれに協力した理由は亡国の辛さを知っているからか。
一度壊れたものは直すのは難しいものな。
まだ原型あるうちにどうにかすれば免れる可能性もあるか。

ともかく誘拐は未遂に終わり、これらはなかったということに。
アリシアの言葉により少しは変わりつつあるコーデリア。
最初は味方を増やしていかないといろいろ不穏だからな危なそうだ。
宰相もいつまた同じことをやるとも限らないしな。

エレットにあっさりしゃべっていたイサラ達。
いいのかね?

ファルディオとウェルキンも不穏な空気。
アリシアを巡っての意見の相違か?
しかし石が落ちてなければ気付かなかったかね。
ファルディオはそれが少し不満か。
まあ、アリシアとウェルキンの信頼関係はいろいろと不明だからな。
信頼関係とかって明確な何かがあるわけでもあまりなさそうなのだがな。
ファルディオとのだってそうだろうにな。


スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1064-6c433538
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。