上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
クーデターにより連邦軍を傘下に収めたアロウズの大艦隊が、ソレスタルビーイングを殲滅(せんめつ)するべく集結しつつあった。
そんな中、刹那たちは彼らとの戦いに決着をつけるべく、互いに決意を口にする。




- DVD-
機動戦士ガンダム00 2   機動戦士ガンダム00 3
機動戦士ガンダム00 4   機動戦士ガンダム00 5
機動戦士ガンダム00 6   機動戦士ガンダム00 7
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 [DVD]

- Blu-ray -
機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 3 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 4 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 5 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 6 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 7(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 [Blu-ray]

- OP -
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
泪のムコウ(期間生産限定)
- ED -
Prototype
trust you

機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 1
機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 2
機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 3


それぞれが求める未来。
CBはイノベーダが居ない未来、アロウズはCBが居ない未来。
イノベーダが求めているのはよく分からない。
リボンズだけならば自らが導く未来だろうが、アロウズと同じなのかどうか?
誰が勝とうが、結局はヴェーダ頼りになるかな。
だったら結局世界はなにも変わらないと思うな。

対峙しているグラハムと刹那。
グラハムは刹那に歪みと言われたためずっとガンダムのみを追いかけて来たのか?
訳の分からない修行までして。
戦うことしかできないってのもあるだろうがな。
それを刹那は否定か。

刹那に機体をボロボロされたグラハム、が生きているな。
止めは刺さずか。
「生きて明日を掴む」と宣言し「生きるために戦え」。
刹那は戦う意味を見出したから言えるのだろうが、それがどう革新へとつながるのかが分からない。
刹那は純粋種としての覚醒が命運を握る力を得た意味はあるのか?

トレミーへ帰り、留美からのメモを検証してヴェーダがある場所が判明。
月の裏側に光学迷彩で隠れでいるらしい。
最終目標はそことなるわけだな。
で新装備や補給物資が到着。
補給物資に0ガンダムがあるらしいが何に使うのだろう?
誰も乗る人いないはずだよな?

アロウズは何度目かのCBの殲滅作戦だな。
今回は前に勝った規模のようだな。
が、ライセンス持ちはリボンズの命で離れたらしい。
来るべきものが迫ってきているとは、審判か、対話か?
大量のアリー・アル・サーシェスは何だろうな?

アンドレイはルイスくっついていっているが大丈夫なのか?
ライセンス持ちではないはずだろうに。
ルイスはある意味で落ち着いているのかな?

アロウズ艦隊が集結している場所は目的地の近く。
沙慈、ソーマも参加。
沙慈は僕の戦いをする為にって言っているけどルイスがいなければ意味ないよな。
CBらも自らの想いを確認のようだな。
総意的には未来のために戦っているってことかな。
しかし超人兵は前のものでなかったか?
イノベータも関わりあったのか?

カタロンに連れられてマリナが宇宙に来ている。
子供らまで一緒に居るのはどういうことだ。
危ないだろうにな。
カタロンはクーデター派からの連絡で動いているらしいな。

呆けていたグラハム。
「武士道とは死ぬことと見つけたり」と懐剣を手にしていたが、それはそう言う意味でないはず・・・。
まあとどまったが、この人の出来る事って何があるのだ?
カタギリとの約束はどこへいったかな?

敵艦隊を前に、フェルトが刹那に花を上げていたな。
あれは何だろうな、よく分からなかった。

戦いは最初は優勢、後劣勢。
あれだけ補給してもなんでこうも変わらないかな。
物量に弱いのはどうもならないのかな?
粒子攪乱のモノが散布されたとはいえな。
最終的にはカタロンだより。
いつの間にこの二つは連絡を取っていたのやら。

カタロンと共にクーデター派としていたのはマネキンか。
コーラサワーはやはり一緒に居たか。
だとすると、前のクーデター派とは別の組織でないのかこれ?
まああまり変わりはしないようだけどな。
アロウズ本体に紛れいた輸送艦から攻撃。
「悪政を行う連邦の傀儡となったアロウズは軍隊ではない。
世界の行く末は市民の総意によって行うべきもの。
蛮行を断罪し、市民にその是非を問う」
アロウズの傀儡が現政権でなかったか?
それに先に民意を問わない以上、あまりアロウズと変わらないと思うがな。
結果を突きつけている以上、反対は誰も出来やしない。
ともかく後方に目が向いた所為で、前方が疎かになってグットマン死亡か。

アロウズ艦隊は突破され間近に迫ったCB。
リボンズはまだ余裕ありだな。
リジェネがリボンズを撃ち、野望を達成させる気らしい。
が、人類を導くのは自分って言っている事はリボンズと変わりなしだな。
イノベーダってそう言う存在なのかな。
予告を見る限りリボンズは死んでないようだしな。

誰もが自分にとっての未来を目指しているよな。
大衆のためと言っていてもそこに民意があるかは全く分からないし。
ある意味はた迷惑な戦いでしかなくないか、これ。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1015-a05b946b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。