上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.20 藤原 頼長
保元の乱の元凶の一人で兄・忠通と戦った藤原頼長について書いてみる。
能力はあっても自我が強すぎたために失敗したのかな、この人は。
父に可愛がられていたが最後には見捨てられているし、なんかもうひとつ足りなかった人なのだろうと思う。味方が思った以上に少なかったこともあるだろうが・・・。

藤原 頼長

生没年:1120年~1156年

父:関白・藤原忠実
養父:藤原忠通
母:土佐守・藤原盛実の娘

妻:藤原幸子(大徳寺実能の娘)


幼名は菖蒲若といったという。
幼時より令名高く、膨大な和漢の書を読み「日本一の大学生、和漢の才に富む」とその学識の高さは評価されていた。
しかし彼は酷薄で他人に容赦ない性格であり「腹黒く、よろずにきわどき人」とも評され、悪佐府と呼ばれた。
父・忠実に愛され若くして高位に進む。
1130年、元服して従五位に叙せられ、侍従、近衛少将、伊予権守などに任官。のち、右近衛権中将となった。
1131年、従三位。
1134年、権大納言。
1136年、内大臣、右近衛大将を兼ねる。
1139年、皇太子傅となり、左近衛大将となる。
1149年、左大臣となる。

兄・忠通は正室の所生だが、温厚な性格であったことを嫌い、頼長を偏愛したという。
頼長は一時は忠通の養子だったこともあったが、忠通に実子が生まれるとその関係は終止符が打たれ、父を後ろ盾に兄・忠通と出世を争った。
1150年、妻の兄・藤原公能の女・多子を養女として近衛天皇の後宮に納め皇后に冊立する。
これは天皇の外祖父になることで権力を確立させようとした。
その年、父より兄・忠通の氏長者をとって与えられた。
頼長は源義為、源頼賢の兵を率い、忠通の別邸を襲い氏長者の院たる朱器盤台を奪い自分のものとした。
1151年、忠実の尽力により内覧の宣旨を受ける。
執政の座に就き、朝議復興に辣腕をふるい鳥羽法皇の信頼厚く兄を超えて権勢が高くなった。
しかし、近衛天皇からは嫌われていたという。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2006.02.18 藤原 忠通
藤原忠実の嫡男・忠通のついて書いてみる。
鳥羽・崇徳・近衛・後白河の4代・38年に渡り摂関を独占していた。

藤原 忠通

生没年:1097年~1164年
在位:1121年~1123年 関白
   1123年~1129年 摂政
   1128年~1129年 太政大臣
   1129年~1141年 関白
   1141年~1150年 摂政
   1149年~1150年 太政大臣
   1150年~1158年 関白

父:関白太政大臣・藤原忠実
母:源師子(右大臣・源顕房の娘)

妻:藤原宗子(藤原宗通の娘)
加賀局(藤原仲光の娘)
源俊子(源国信の娘)
中院信子

法性寺殿、関白殿と呼ばれた。
1107年、元服し正五位下に叙され、昇殿、禁色を許され、また侍従に任じられる。
1110年、右少将、右中将を経て、正三位。
1111年、権中納言に就任し、従二位に昇る。
1112年、正二位。
1115年、権大納言となり、後内大臣となる。
1121年、白河院の不興を買った父・忠実に代わって藤原氏の氏長者となり、鳥羽天皇の関白に就任。
のち左大臣、従一位に任じられる。
1128年、崇徳天皇のとき、太政大臣となる。
近衛天皇代にも摂政・関白を務める。

1129年、白河院崩御後、政界に復帰した父と対立を深める。
一般には父・忠実が弟・頼長を寵愛するあまり、摂政・関白の座を弟に譲るように圧力を掛けられたように言われているが、実際には長い間、家を継ぐべき男子に恵まれなかった。
その為29歳のときに24歳下の頼長を一度は養子に迎えている。
だが40過ぎてから次々と男子に恵まれるようになった忠通が実子に家を譲るために頼長との縁組を破棄したためであった。

... 続きを読む
2006.02.17 藤原 忠実
保元の乱の当事者の一人、藤原忠実のことについて書いてみる。
保元の乱は摂関家が天皇家親政の院政に押されたために起きたことにもなるのかな。

藤原 忠実

生没年:1078年~1162年

在位:
1105年~1107年 関白
1107年~1113年 摂政
1113年~1121年 関白

父:藤原師通
母:藤原全子(藤原俊家の娘)

妻:
源師子(源顕房の娘)
藤原盛実の娘

子:
藤原泰子  生没年:1095年~1155年  鳥羽院皇后・高陽院
藤原忠通  生没年:1097年~1163年
藤原頼長  生没年:1120年~1156年


1188年、元服し正五位下となる。
1091年、従三位非参議。
1099年、父・師通が急死し、その後継を巡って一族が争う中、白河院の「摂関家は嫡流に」という判断で忠実が後継者となる。
祖父・藤原師実の養子となり、大納言、内覧、氏長者となる。
のち左近衛大将。東宮傅。
このため、摂関家は完全に院政の風下に立つことになる。

1100年、右大臣となる。
1105年、堀川天皇に関白を命じられる。
1107年、鳥羽天皇の即位にともない摂政となる。
1112年、従一位・太政大臣となるが翌年辞職する。
... 続きを読む
2006.02.16 藤原 信頼
藤原信西と対決した藤原信頼のことについて書いてみる。
同じ舞台でのあいては無理で、策を弄し武家をそいだまでは良かったがその後は全く考えていなかったのか・・・、詰めが甘すぎたのはどこもおなじか。

藤原 信頼

生没年:1133年~1159年

父:従三位・藤原忠隆
母:藤原顕頼の娘
妻:藤原基実の姉?

子:
藤原信親
平清盛の娘と婚約する。
侍従、従五位下となる。
1159年、平治の乱で父に連座され、成長後伊豆国へ配流となる。



1144年、従五位下となり、土佐・武蔵守や近衛中将を歴任する。
後白河天皇に近侍し、周囲に「あさましき程の寵愛あり」言われるほどの寵を被るようになる。
1158年、参議となり後、権中納言に昇進する。
後白河天皇の退位後は院の別当となり強大な権力を持つようになった。
「文にもあらず、武にもあらず、能もなく、芸もなし」という評価であったという。
体格は肥満色白であり、衆道も好んだ後白河天皇に愛され、宮中では人目もはばからぬほどの寵愛ぶりだったといわれている。

... 続きを読む
藤原信西の子らについて書いてみる。
ほとんどが平原の乱の際、信西に連座し配流となっているが、すぐに戻されている。初めから出家しているものが多く、仏教関係で名を上げたものも多い。

藤原俊憲
   生没年:1122年~1167年
 母は高階重子。養父に参議・藤原顕業。
 1144年、大学権助。
 1155年、東宮学士。従五位上。
 1156年、右少弁。のち記録所の弁
 1157年、美濃権介。正五位下。右衛門佐・検非違使。左少弁。五位蔵人。
 1158年、権右中弁。従四位下。従四位上右中弁・蔵人頭。
 東宮学士止職。権左中弁。
 1159年、参議となるが、平治の乱で解官。配流。
 1167年、没。
 妻は三条公教の娘。子に藤原基明。


藤原貞憲
   生没年:1123年~?
 母は高階重子。
 1152年、刑部少輔。
 1154年、従五位上。鳥羽院判官代。
 1156年、少納言。
 1157年、兵部権大輔。正五位下。
 1158年、右衛門権佐。検非違使。摂津守、権右少弁。五位蔵人となるが摂津守は辞職。
 1159年、従四位下権左少弁、蔵人、右衛門権佐は離職する。権右中弁のち解官。
 平治の乱で土佐に配流が決定する。
 1160年、配流にならず出家し高野山で隠遁生活を送る。
 子に解脱上人と呼ばれた藤原貞慶、藤原光憲、藤原貞覚がいる。


藤原是憲
 母は高階重子。
 1149年、飛騨守。
 1156年、高伊
 1158年、信濃守。従五位上少納言。
 平治の乱で父・信西に連座して下官、配流。
 後出家して、遊蓮房円照と号した。また信濃入道とも呼ばれた。
 西山広谷に住し、始め法華経を学んだが、のち一向念仏に転じ、念仏現証の人として一族は仏のように尊敬したという。
 円照の臨終に際し法然上人を臨終に善智識に迎えた。
 法然は9編の念仏までしか出てこない円照に「もう一遍」と励まされ、10遍の念仏により往生したという。


藤原成範
   生没年:1135年~1187年
 母は藤原朝子。桜を好み、住居付近に桜の木をたくさん植えていたので桜町中納言と呼ばれた。
 従五位下。左衛門佐。
 1156年、遠江守
 1157年、左少将。美福門院判官代。正四位下。
 1158年、左中将・播磨守。陸奥、近江守。
 1159年、平治の乱により下野へ配流。成憲から成範へ改名する。
 また平清盛の長女と婚約していたが、このとき解消されたという。
 1166年、三位。のち左兵衛督となる。
 1167年、参議。右中弁。民部卿。太宰第弐。権中納言となる。
 1183年、正二位・中納言となるが、後辞職している。
 1187年、出家。のち逝去。
 子は藤原基範と高倉天皇の寵愛を受けた小督がいる。


藤原脩範
   生没年:1143年~?
 母は藤原朝子。
 1156年、昇殿。蔵人、飛騨守となる。
 1157年、美濃守、左兵衛佐。左少将。
 1159年、右少将となるが、平治の乱で隠岐に配流。修憲から脩憲へ改名する。
 1174年、式部少輔のち、従三位左京大夫。
 1179年、娘が平忠房の妻になる。右近衛少将。参議。兵衛佐。となる。
 1183年、正三位参議に至るが、醍醐寺で出家。
 歌に秀でており、「別雷社歌合」の作者である。
 福原の都に出向き、生田で和歌を詠んだものが続古今集に掲載された。
 子に藤原範能と娘は平忠房の室。


静賢
   生没年:1124年~?
 母は高階重子。静憲とも呼ばれた。
 法勝寺執行法印。
 1159年、平治の乱に連座して安房の国に流されたが、のち許されて帰京する。
 後白河法皇の側近として、交渉役を務めるなど政界で活躍した。
 1170年、住吉社歌合にでている。
 俊成・顕昭・慈円らと親交があった。
 『治承三十六歌合』に選ばれている。
... 続きを読む
2006.02.14 藤原 信西
後白河の側近であった藤原信西のことについて書いてみる。
この人は本当に後白河の近臣であったのにはいささか謎な気もするが・・・どちらかというと鳥羽院の近臣であったとも言える人。まあこの人のせいで保元、平治の乱が起こったことは確かなのだろう。

藤原 通憲

生没年:1106年~1160年

父:進士蔵人・藤原実兼
母:信濃守・源有房の娘(下野守・源有家の娘とも)
養父:長門守・高科経敏

妻:
紀伊局・藤原朝子(藤原兼永の娘)
高階重子(高階重仲の娘)
藤原隆重の娘

1112年、父・実兼が没し、祖父・季綱の従兄弟にあたる高階氏に養子入りする。
鳥羽天皇に仕えた信西は、学問で名を上げ、「本朝世紀」の編成を行ったという。
藤原頼長と双璧をなす学者だったが、下級貴族のため官職に恵まれなかったという。
1122年、中宮権少進となる。
1124年、待賢門院判官代、また蔵人となる。
1125年、左近衛将監となる。

1129年、この頃姓を高階から藤原へと戻す。
後白河の乳母夫となり、正五位下・日向守となる。
1137年、鳥羽院判官代となる。
1144年、少納言に昇進するが、のち辞職し出家する。
以後名乗った法名である信西の方が有名。円空と名乗ったとも言われる。

後白河天皇の乳母・紀伊局の夫であり、後白河院の即位を実現させた。
後白河天皇即位後は政界で重用されるようになり、平清盛ら武士の起用も進める。
「黒衣の宰相」と呼ばれたという。
鳥羽天皇の意向に従い、二条天皇が即位するまでに完全な天皇親政を実現するために動いていたとも言われる。

1156年、鳥羽上皇が亡くなると保元の乱が起こるが、後白河天皇・信西・清盛側が勝利を収めた。
347年ぶりに死刑制度を復活させて、源為義らを処断した。
天皇親政を進め、寺社や貴族の荘園整理を行うなど、平清盛と結んで絶大な権力を振るう。

... 続きを読む
鳥羽院の天皇にならなかった皇子や皇女らのことについて書いてみる。
後白河や崇徳の兄弟であるが、若くして亡くなった人も多いが、影で活躍している人がいるようだ。

禧子内親王
  生没年:1122年~1133年
 母は待賢門院。斎院


通仁親王
   生没年:1124年~1129年
 母は待賢門院。
 盲目であったという。
 1129年、逝去。


君仁親王
   生没年:1125年~1143年
 母は待賢門院。
 生まれながらに麻痺性疾患を持っていたという。
 1143年、逝去。


統子内親王
  生没年:1126年~1189年
 斎院、上西門院
 母は待賢門院。初名を恂子とも言った。
 1127年、賀茂斎院となる。
 1132年、病気で退下する。またこの頃、恂子から統子へと改名する。
 1157年、後宮へ。
 1158年、後白河の准母として皇后宣下を受ける。
 1159年、院号宣下。上西門院となる。
 1160年、母と同じく法金剛院にて出家する。
 1189年、六条院において崩御。
 絶世の美女で、かつ歌を能くしたといわれている。
 養子に後白河天皇、藤原家房がおり、猶子に僖子内親王(二条天皇皇女)がいる。
 法金剛院は上西門院の崩御により廃れていったという。


本仁親王
   生没年:1129年~1169年
 母は待賢門院である。五宮、紫金台寺御室、泉殿御室、覚性法親王と呼ばれた。
 1135年、仁和寺覚快法親王の下へ。
 1140年、出家し灌頂を受けた。法名は信法といい、のちに覚性と改めたという。
 1147年、阿闍梨となる。
 仁和寺、法勝寺などの検校を勤める。
 1153年、仁和寺寺務。更に尊勝寺・四天王寺などの検校を勤める。
 1158年、二品となる。
 1167年、仁和寺総法務(仁和寺第五代御室)となる。
 1169年、逝去。
 修法の声明高く、詔を受けて孔雀経法や尊勝法を二十四回修したという。
 

... 続きを読む
鳥羽上皇の后妃美福門院と高陽院について書いてみる。
この2人は白河上皇の死後に鳥羽上皇の后として院御所に入っている人たち。この二人は待賢門院と対立していたとされる人かな?

藤原得子[美福門院]
   生没年:1117年~1160年
 
父:権中納言・藤原長実
母:左大臣・源俊房の娘

藤原北家末茂流に生まれ、六条大夫顕季の孫娘にあたる。
類希な美貌の持ち主だったという。
1134年、この頃鳥羽上皇に召され、大いに寵愛された。
1139年、息子・躰仁親王の立太子の折りに、東宮の母であるが故に、女御宣下を受ける。
1141年、崇徳天皇に譲位を迫り、近衛天皇を即位させた、国母となり皇后に立てられる。
1149年、美福門院の院号を宣下され、中宮・待賢門院をも凌ぐ権勢を持つようになった。

その頃、摂関家の家長に地位にある大殿・忠実は、長子・忠通よりも末子・頼長を偏愛していた。
頼長は美福門院のことを「諸大夫の女」と目し蔑んでいた。
そこで美福門院は時の関白・忠通と手を結び、彼の養女・呈子を猶子としてわが子・近衛天皇に入内させる。
このことで、頼長の養女である近衛天皇皇后・多子に対抗させた。

1155年、病気がちだった近衛天皇が夭折すると、美福門院は崇徳上皇や忠通、頼長父子の呪詛によるものだと大いに恨んだ。
次代の帝として、世人は崇徳上皇の第一皇子で美福門院の養子ともなっている重仁親王が即位するものだと思っていた。
しかし、崇徳を恨んでいた美福門院は鳥羽法皇に働きかけ、法皇の第四子・雅仁親王を即位させてしまう。
その意図は、末娘・姝子内親王との縁談があった雅仁親王の第一皇子・雅仁親王の擁立にあったという。

こうして皇統継承から排除され不満が募る崇徳上皇と美福門院によって鳥羽法皇から遠ざけられた頼長とその父・忠実が結びつくようになる。
1156年、鳥羽法皇の崩御間もなく保元の乱が勃発する。
美福門院はすでに落飾し真性定と称していたが、この乱においては卓抜的な戦略的な手腕を見せ、平清盛兄弟などを召致し、後白河天皇方へ最終的な勝利を導いた。

1160年、金剛勝院御所において崩御する。
「殺生石」の主人公である白面金毛九尾の狐「玉藻の前」のモデルとも言われている。

子:
叡子内親王  生没年:1135年~1148年
子内親王  生没年:1137年~1211年  八条院、二条天皇准母
躰仁親王   生没年:1139年~1155年  近衛天皇
姝子内親王  生没年:1141年~1176年  高松院、二条天皇中宮

... 続きを読む
2006.02.09 待賢門院
崇徳天皇と後白河天皇の母である待賢門院について書いてみる。
絶世の美貌ゆえに運命に翻弄された人か、はたまたただの妖婦だったのか。判断に分かれる人。

藤原璋子[待賢門院]
   生没年:1101年~1145年

父:権大納言・藤原公実
母:藤原光子(藤原隆方の娘、堀川・鳥羽の乳母)

絶世の美貌を謳われ、和歌に秀でていたという。
父・公実も美男子と謳われたため、祇園女御が末子を養子に欲しがったといわれている。
7歳にして父を失うが、時の治天・白河院とその寵姫・祇園女御に養われており、白河院の猶子となるなど、寵愛されたという。
そんな中、彼女の筝の師であった、藤原季通や園城寺の権律師・増賢の童子と密通をしていたという噂があった。
摂関家の嫡男・忠通との縁談が持ち上がったが、璋子の素行に噂があったため忠通の父・忠実は固辞したため、白河院の不興を買った。

1117年、白河院を代父として、父方の従兄弟・鳥羽天皇に入内し、女御の宣旨を賜った。
1118年、立后され、中宮を号した。
1119年、第一皇子・顕仁親王を出産する。
その後も斎院・禧子や通仁・公仁の両親王を生むが、この両親王は生来障害児であったという。
また、鳥羽院の熊野参詣にも同行したといわれている。
1123年、白河院は5歳になった顕仁親王を践祚させ、即位させた。
1124年、院号を得て待賢門院と称した。
1127年、統子内親王の年子として雅仁親王を出産し、また2年後には末子・本仁も生まれた。
1129年、白河法皇が崩御すると待賢門院の人生は暗転する。
... 続きを読む
2006.02.08 鳥羽天皇
後白河天皇と崇徳天皇の父である鳥羽天皇について書いてみる。
自分が祖父にやられたことをそのまま自分の子であるかもしれない崇徳天皇にやった人。本当に白河院とよく似ている。保元の乱の原因に当たる一人。

宗仁親王

生没年:1103年~1156年
在位:1107年~1123年 第74代 鳥羽天皇

父:堀川天皇
母:藤原苡子(藤原実季の娘)

母の苡子が没すると祖父・白河法皇に引き取られ、法皇の下で養育された。
1107年、父・堀川天皇の死後、5歳で即位する。
政務は白河法皇が取った。
1113年、元服する。
1120年、祖父・白河法皇の養女で、愛人とも言われていた藤原璋子を皇后に向かえいれる。
藤原璋子の第一子・顕仁親王は当時から白河法皇の子であると噂され、そのことを知った鳥羽天皇は顕仁を「叔父子」と呼び終生憎んでいたといわれている。
1123年、鳥羽院が成人して扱いにくくなった事と顕仁可愛さに白河上皇は鳥羽天皇を退位させ、顕仁親王を即位させた。

1129年、白河法皇が崩御、それにより唯一の上皇となった鳥羽院は院政を敷いた。
白河法皇に疎んじられていた藤原忠実を呼び戻し、院の要職を事故の側近で固めた。
崇徳、近衛、後白河の三代、約28年に渡り実権を掌握する。
鳥羽天皇は内妾が多くその中でも寵愛した美福門院の子・躰仁親王を崇徳天皇の皇太子とした。
仏教に帰依し、成勝寺、延勝寺などを建立する。
1141年、出家する、法名を空覚と称した。そののち崇徳院を譲位させ、躰仁親王(近衛天皇)を即位させる。
1142年、東大寺戒壇院で受戒し、法皇となった。

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。